2012年08月31日

2012年夏休みのまとめ

2012年の夏休みに環優舎で子どもたちと行ったり、行ったイベントです。 facebookに写真や日誌が載っているのでそちらもご覧ください。


心の栄養: 見る・感じる(芸術/美術)
国立新劇場         こどものためのバレエ シンデレラ
国立近代美術館     こども工芸館 植物図鑑
サントリー美術館    おもしろびじゅつワンダーランド
府中市立府中の森美術館     親子で旅する展覧会 作品たちのささやきを 心できき、そして つぶやこう/じゃぶじゃぶ池
頭の栄養: 知る・学ぶ(科学/社会)
科学博物館        元素のふしぎ
府中市郷土の森        プラネタリウム[スペース・エイジ]/じゃぶじゃぶ池
映画鑑賞        東京スカイツリー 世界一のひみつ
先端技術館        
上野の森美術館        ツタンカーメン展
東京臨海広域防災公園    東京直下72Hツアー
最高裁判所        親子見学ツアー
JICA地球ひろば        環境展
体の栄養: 動く・遊ぶ
新宿区立戸山公園    箱根山地区 ウォータースライダーのあるじゃぶじゃぶ池
(都立府中の森公園      府中市立府中の森美術館/じゃぶじゃぶ池)
(府中市郷土の森        プラネタリウム[スペースエイジ]/じゃぶじゃぶ池)
渋谷区はるのおがわプレーパーク 冒険広場
東京プリンスホテル    ボウリング
PekiPeki        ボルダリング
ラクロス・レッスン
クレードル
グラウンドボール
パス
キャッチボール
シュート
ゲーム 1 / ゲーム 2
クッキング
炊飯・味噌汁・玉子焼き・浅漬け
カレー・サラダ・ラッシー
発酵不要のクイック・ピザ
塩麹作り
酵素ジュース
バナナパウンドケーキ
和菓子作りとお茶会
posted by 環優舎 at 10:09| Comment(0) | イベント/Events

2011年01月06日

環優舎の冬休み

12/24(金) クリスマス・パーティー
12/27(月) おせち料理(栗きんとん・ごまめ)
12/28(火) おせち料理(黒豆)
01/04(水) 原宿・お買い物
01/06(木) 赤坂サカス・アイススケート
01/07(金) 渋谷・くまの学校映画鑑賞
        七草粥

今年の冬はお休みが短かったので、イベントも少なめ。 新年は毎日イベントが入っているように見えますが、ほとんどの子供は7日始まりなので週2以下の外出になっています。原宿のお買い物は小学校3年生の女の子のリクエストで保護者の方の許可を得て、お年玉を持って行ってきました。無駄遣いをしたらどうしようというこちらの心配をよそに、1時間で総額650円のお買い上げ。それでもとっても楽しかったそうです。買い物上手です。

保育園のお友達しか知らない未就学児と異なり、小学生になるとほかのお友達が誘いあってお休みにいろいろ出かけているのがわかります。子供たちが楽しみにしている長期休みは、環優舎でもお出かけをします。お友達を環優舎に無料で招待することもできます。
posted by 環優舎 at 09:39| Comment(0) | イベント/Events

2010年11月15日

ゴッホ展 インターナショナルスクール版

今日はインターナショナルスクールの振り替え休日。先日、私立小学校の試験休みに国立新美術館へ子供たちを連れていきましたが、今日は英語チューターがインターナショナルスクールに通う子供をゴッホ展へ連れて行きました。美術館や博物館は日ごろ使わない名詞や形容詞を覚える宝庫。実物をみながら言葉を使うことで、生きた表現が自然に身につきます。

環優舎では、インターナショナルスクールに通っているバイリンガルのお子様が日英両言語を伸ばせます。
posted by 環優舎 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント/Events

2010年11月02日

没後120年 ゴッホ展 子供用ワークシート

私立小学校の試験休みになりました。

芸術の秋。

国立新美術館で開催中の「没後120年 ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった-」へ子供たちと行ってきました。ゴッホの初期から晩年までの作品が揃った展覧会を通じて私が子供たちへ伝えたと思ったのは「オリジナリティの確立」です。

日本の美術館は予算が少ないからなのか、子供向けのプログラムがほとんどありません。...というわけで環優舎では子供向けの美術鑑賞ワークシートを自作しています。

このワークシートの使い方は知識や正解を得るのが目的ではありません。美術館は退屈だと思っている子供たちに、絵の楽しみ方のきっかけになればと思って作成しています。丁寧に回答していくもよし、「こんな質問変だな。答えないよ。だって私はこう思うんだもん」と思うのもまたよしです。美術館で、日ごろ使わない感性が刺激されることを楽しんで欲しいです。

環優舎オリジナルの美術鑑賞ノートは下記からダウンロード可能です。
http://www.kanyusha.com/download/
posted by 環優舎 at 10:38| Comment(0) | イベント/Events

2010年10月31日

Halloween 2010

今年も麻布界隈にTrick or Treatingへ行ってきました。
Halloweenの飾りつけをしているお家の多くは外国人宅です。
魔女や怪物に仮装をした外国人の出現に一瞬ひるむ子供たち。
でも、お菓子の魅力にはかないません。
勇気を持って、"Trick or Treat?"
すれ違う外国人の子供たちと"Happy Halloween!"

日本国内なのに異国情緒漂う麻布で
いろいろな人が暮らしているという
地球感覚を自然に持ってほしいのです。
posted by 環優舎 at 22:44| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月31日

プレーパーク

衰えを知ることのない今年の暑さ。夏休み最後の今日はs-P1010104.jpg、はるのおがわプレーパークへ行ってきました。プレーパークは冒険遊び場と言って、既成の遊具がなく、子供たちが自分たちで木を切ったり、土を掘り起こしたり、火を使ったりして通常では禁止されてしまうような遊びも出来る公園です。プレーリーダーがいて子供の遊びを見守ってくれます。

夏休みの宿題もしっかり終えた環優舎の子供たちは、お弁当をもってやってきました。公園の地元の小学校はもう新学期が始まっているそうで貸し切り状態。木で出来た滑り台にビニールシートをかけ、ホースで水を流したらウォーター・スライダーの出来上がり。

ドロドロ、ジャブジャブ。 ドロドロ、ジャブジャブ。

今年も無事、元気で楽しい夏休みを過ごしました♪
posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月26日

東京都現代美術館へ行ってきました。

木場にある東京都現代美術館へ行ってきました。s-P1010002.jpg7月に映画の「アリエッティ」を見たので「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」と「こどものにわ」を見てきました。セル画の展示かと思ったらアニメの世界を実物大に再現したセットがおいてあり子供たちは大喜び。公共美術館では珍しい子ども入場料600円も納得です。環優舎のこどもたちは現代アート大好きなので、「こどものにわ」もじっくり楽しみました。
posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月23日

畑に行ってきました

千葉県の契約農家へ野菜の収穫に行ってきました。s-P1000834.jpgここでは自然循環農法といって、無農薬・無肥料で野草とともに野菜を育てています。子供たちの腰までの高さがあるような草地に入り込んで、なすやピーマン、オクラ、トマトなどを収穫しました。

環優舎の畑は一見して畑とは判らない「草ぼーぼー」の草地です。野菜は野草と競いながらゆっくりと育ちます。収穫量は少ないけれど栄養価の高い野菜が育ちます。自然淘汰されて残った野菜は強い野菜です。それに台風が来ても野草に支えられて倒れません。土も食べらます。子供が裸足で入っても安心です。ぴかぴか(新しい)

他所の畑には、野菜以外草一つ生えていません。でも草を掻き分けて野菜を探さなくてすみますし、沢山野菜が取れます。よりおいしい食材を確実に消費者に届けるために、農家の暮らしが安定するために、改良がされてきました。

環優舎では子供たちにはまず自然のままの本当の姿を知ってもらいたい。その上で改良されたこと、失ったものを理解したうえで、判断できるようになって欲しいと願っています。

自然循環農法の畑にこだわった収穫体験もその一環です。大人になって自分で食材を買うようになったときに、思い出してほしいと思っています。
posted by 環優舎 at 10:41| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月20日

林試の森公園

今日は林試の森公園へ行ってきましたs-P1000793.jpg。暑い日が続いているのでジャブジャブ池で遊びました。

子供たちを常に見失わないでいられるほど空いているプールは都内には皆無といっていいので環優舎で子供たちをプールにはお連れすることはしませんが、ジャブジャブ池に行って涼を取ります。 


posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月17日

地球最古の恐竜展

今日は六本木ヒルズにて地球最古の恐竜展を見てきました。都心でこの夏の最高気温を記録した今日は近場といえども車でGo! 環優舎の足は安全に配慮した全席チャイルドシート装着の7人乗りのベンツのミニバンです。

NHKがスペシャル番組をいろいろ組んでいたので、「テレビで見たことある!」という子どももいて楽しそうにクイズに答えていました。とはいえ、会場に沢山いたいかにも恐竜好きそうな男の子たちにはかないません。女の子たちは大きな恐竜に感動するよりも、小さな恐竜を見つけては「かわいい!」と喜んでいました。こういうのは自然の性差なのでしょうか? 不思議です。

子どもたちの印象に残ったのは、最後のシアターで上映していた恐竜絶滅のシーンのようで、「隕石が衝突して、地球上が火事になって恐竜が絶滅したんだよ」とお迎えの保護者の方に話していました。

ロボット、ロケットと続いたあとの太古の恐竜。

どちらも壮大で夢やロマンがありますね。
posted by 環優舎 at 21:52| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月16日

はやぶさのカプセルを見てきました

丸の内オアゾで8月19日まで公開中の、はやぶさの再突入カプセルの特別展示を見に行ってきました。年内閉鎖予定のJaxaiに良いタイミングでいけてよかったです。

子どもたちが生まれた前後の2003年に発射されたことを話すと、興味深そうに見入っていました。

Jaxaiでは9月11日打ち上げ予定の「みちびき」や「みちびき」を搭載するH-IIAロケットの模型などが展示されていました。

今日のおやつは手作りアイスクリーム。メロンアイスとクッキー&クリーム味。それにJaxaiで買った宇宙アイスクリームのバニラ味が加わって食べ比べをしました。子どもたち曰く、やはり本物のアイスクリームがおいしいとのこと。子どもたちが有人飛行する頃にはもっとおいしい宇宙食が開発されていると思います。

未来を担う子どもたちと一緒にロボットやロケットを見るのは本当にワクワクします。
posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月13日

科学未来館・ドラえもんの科学みらい展

科学未来館で開催されているドラえもんの科学みらい展を見にs-P1000706.jpgお台場へ行ってきました。科学未来館は道路が空いていれば20分もかかりませんのでよく行くスポットです。イヤホンガイドが貸し出し中で入手できなかったのですが、子供たちはひとつひとつの説明を丁寧に読みながら展示をまわっていました。

常設展では内臓の模型を組み立てたり、ハンドルや、手綱などユーザ・インタフェースが異なる乗り物シュミレーションを楽しみました。いつも来るときは空いているのですが、今日は20分も並んでやりました。

ロボットは青山にあるTEPIA 先端技術館で見たことがあるものが多かったかも。一人乗りヘリコプターも改良されているのでしょうが何年も前に先端技術館の入り口に展示されていたような気が...。子供は以前やったことがあるとか、空いているときにくれば並ばなくてもいいのにということはお構いなしにいつきても楽しいようでした。

科学博物館に子供たちを連れて行く理由は、科学に興味をもってもらいたいという思いもあるのですが、思い出づくりという意図もあります。今最先端で研究れさていることも子供たちが大学に入るころには10年前の技術です。大人にって、「小学生のころはあんなの見たよね、こんなのやっていたよね」と技術の進歩を楽しく思い出してほしいなぁと思っています。子供を通して、宇宙開発、ロボット、医療など、子供たちが大人になるころにはどうなっているだろうと考えると難しい技術も身近に感じられ楽しいです。
posted by 環優舎 at 22:03| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月11日

府中の森公園・ミマクル・ミラクル

お弁当を持って府中の森公園のジャブジャブ池と、s-P1000638.jpg府中市美術館へ行ってきました。ピクニックに行くからねと言ったらみな張り切って、11時までの自習タイムには、いつもより中身の濃い勉強が出来ました。ピアノの練習もバッチリ♪

お手製のお弁当をもっていざ府中へ。簡易テントでお弁当を食べたあとは、スプラッシュ! 人魚姫ごっこをしていたそうです。水遊びのときに着用する長袖のラッシュ・ガードやタオルは環優舎で用意しています。水着の準備や洗濯(当日中でないと....)をお願いするのもなんですし、子供が忘れ物をするともっと大変です。長袖シャツ、七部丈ズボンのラッシュガードに、日焼け止めクリームをしっかり塗って紫外線対策もバッチリです。環優舎では歯ブラシから水着まで、なるべく手ぶらで来られるようにしています。

s-P1000653.jpg3時のおやつのあとは同じ敷地内にある府中市美術館の゜夏休み子どもびじゅつかんミマクル・ミラクル"へ。去年は造作や配布物が立派で感心しましたが、今年は低予算でもよく工夫されている印象でした。今年のテーマはじっくり細部まで絵をみることに重点を置いた展示となっていました。子供の目線の高さに合わせて絵画が飾ってある美術展をほかに知りません。いわゆる教育雑誌でもっと取り上げられてもいいのに。お薦めです。

さて、環優舎の子供たちは美術館好き。じっくり鑑賞するので、気が付くといつも後から来た人たちに抜かされています。時間内に見回りきれないことも...。今日も1時間半もいたのに3番目の部屋を見られなかった子が何人かいました。

予定より遅れて現地を出ましたが、お盆のせいか都心へ向かう道はスイスイ。6時にはいつものように夕食となりました。今日はジャブジャブ池に入ったので夕食後は入念にシャワー。7時前にはみんなすっきりきれいになりました。その後はいつものように1時間の読書タイム。20:30消灯。

午前中にいっぱい学んで、午後は太陽の下でいっぱい遊んで、いっぱい食べて、早く寝て。
夏休みらしい良い一日でした。




posted by 環優舎 at 22:32| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月10日

国際こども図書館へ行ってきました♪

今日は上野の国際こども図書館で、小学生対象の図書館ツアーに参加し、閲覧室のゲームをやってきました。

環優舎のこどもたちの読書量はちょっと自慢です。夜に読書時間を設けていますが、それ以外の自習時間や遊びの時間にも子供たちは自発的によく本を読みます。図書館から新しい本がきて積極的に読み始めることもあれば、自習時間に手っ取り早いので本を読むことを選んだり、退屈ですることがなくてやむなくだったり、お友達とケンカをして一人になる口実だったり、ちょっと疲れ気味で静かに遊ぶいう消極的な理由でもよく本を読んでいます。一人が遊びから抜けて本を読み始めるとほかの子供も面白くなくなってしまい、気が付くとみんなが無言で1時間近く本を読んでいることもあります。本の内容のマインドマップを書いたり、本の話を絵にしている子供もいます。生活の中に自然に本を手にとる習慣があり、本を読まない日はありません。

図書館ツアーのあとは動物園か科学博物館へ行こうかと思っていたのですが、結局図書館でゲームを2つもやり、いろいろな本を読んで、図書館を満喫して帰ってきました。




posted by 環優舎 at 22:08| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月06日

プラネタリウム

子供たちとプラネタリウムを見てきました。子供たちは星座の神話に聞き入っていました。後半は仮面ライダーの地球温暖化の映画。女の子たちにはあまりうけず、もっと星座の話を増やしてくださいとアンケートに書いていました。
posted by 環優舎 at 09:39| Comment(0) | イベント/Events

2010年08月03日

国立近代美術館工芸館

北の丸公園にある国立近代美術館工芸館へ行ってきました。工芸館は、美しいものに心が動く人に育ってほしいとの願いをこめて、環優舎創立以来毎年必ず行く恒例スポットです。

何が良いって、緑の公園の中を歩いていくと現れる御伽噺のようなレンガ造りの建物を子供たちはまず喜びます。夏休み期間中は子供向けのプログラムがあり、受付で小さなバッグに入った鑑賞キットをもらえます。スタンプラリーという手法は子供がスタンプにばかり気を取られてしまうのでいまいちなのですが、テーマに沿ったわかりやすい展示なので大人が適切な問いかけをしてやることで多くの発見が生まれます。

工芸館はギャラリーが2室という小さな美術館です。来館者も少なくいつもゆったりと作品を見ることができます。オルセー美術館展のような大混雑している展覧会ではなかなか難しい「美しいものを愛でる」という芸術本来の楽しみ方が出来る美術館です。工芸館の作品は美術品としての価値はもちろんのこと、職人の最高の技術をもって生まれた作品ばかりです。正統派の美しさ。小さくても国立美術館、人間国宝の方の力強い代表作が並んでいます。

壺や着物、湯のみといった作品に最初はどう反応していいのか戸惑っていた子供たち。「これ何色かな?」、「このうねうねした感じがいいね」、「パスタを盛ったらおいしそう」などと話しかけていくうちに、海中に光がキラキラしているような花瓶とか、竜宮城の玉手箱のような箱とか、自分で作品の美しさを発見していけるようになりました。

ゆっくりまわって1時間。子供向けガイドに入っていたちぎり絵のアクティビティをやって1時間。合計2時間の滞在でした。

大人の入館料200円。子供無料。近代美術館とのセット券もありますが、子供は一度に両方は見きれないと思います。もしも時間が余ってしまったら、竹橋の駅へ向かう途中にある国立古文書館の「絵で見る江戸の夏」展が入場無料なので途中で子供が飽きてしまっても失うものがなくおすすめです♪
posted by 環優舎 at 21:39| Comment(0) | イベント/Events

2010年07月29日

映画「アリエッティ」

六本木ヒルズで映画「アリエッティ」を見てきました。

環優舎の本棚には原作「床下の小人たち」、「Borrowers」、また他にも小人の本として「誰も知らない小さな国」があります。
posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年07月28日

不思議の国のアリス

人形劇、不思議の国のアリスを見てきました。
posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events

2010年07月27日

オルセー美術館展2010

s-P1000250.jpg国立新美術館で開催中のオルセー美術館展2010[ポスト印象派]へ子どもたちと行ってきました。

最近は子ども向けのプログラムを用意している美術館が多いのですが、オルセー美術館展2010では子ども向けのワークシートやイベントはありません。せっかくの名画に出合える機会を無駄にしないように環優舎では小学生向けのワークシートを作成しました。

会場は大変混雑をしていて、ゆっくり美術品を見る雰囲気ではありません。こういう絵がゆっくり見えないところでは子どもはすぐに退屈してしまいがちですが、良いワークシートがあると宝探しのように目的を持って絵を見ることで楽しみながらアートの鑑賞方法が身につきます。

環優舎では何点かの作品は画集で事前に見てから行きました。知っている絵があると子どもたちも関心が高まります。

ご興味のある方はこちらからダウンロードが可能です。
http://www.kanyusha.com/download/
posted by 環優舎 at 00:18| Comment(0) | イベント/Events

2010年07月23日

こどものためのバレエ劇場「しらゆき姫」

新国立劇場で上演された、こどものためのバレエ劇場「しらゆき姫」へ行ってきました。環優舎では半数の子がバレエを習っていて、他にも日舞やチアリーディングなど踊り好きの子が沢山います。子供向けのイベントなので、会場にはゲームやメイクのブースがあり、子供たちはマニキュアを塗ってもらって大喜びでした。


posted by 環優舎 at 00:00| Comment(0) | イベント/Events