2010年12月15日

環優舎ってどんな感じ?  残業をした日

残業でお迎えが遅くなった日は、子どもの勉強や夕食がいい加減になったり、子どもを寝かす時間が遅くなってしまったりでお困りではありませんか。保護者の残業のとばっちりを受けて、お子さんが「早く、早く」と怒られていませんか。

環優舎の特徴の一つは、お迎えの時間に関わらずお子様が規則正しい毎日を過ごせることです。
勉強、ピアノ等の練習、お手伝い、食事、シャワー、就寝前の読書など、環優舎では一般のご家庭と変わらない時間に行います。環優舎ならお迎えが遅くなってしまった日でも、家に帰った瞬間から就寝時間まで、宿題、食事、お風呂とずっと急き立てられながら過ごすことにはありません。

環優舎では保護者の方のお迎えが遅くなっても、お子さんが起きている時間のお迎えの場合は、

 親: 「遅くなってごめんね〜!」
 子: 「ね、ね、おうちへ帰ったら今日は○○していい?
    もう全部終わっているから、ね、いいでしょ?」
 親: 「勉強もピアノの練習もお風呂も全部済んだ?」
 子: 「(得意げに)うん、全部やった!!」
 親: 「じゃぁ、○時までね」
 子: 「やった〜っっ♪ママも一緒にやろ〜♪」

...という微笑ましい会話が聞こえます。もちろん、お弁当箱や制服、体育着、給食着等も環優舎で洗って乾かしてありますから翌日の学校の準備もスムーズです。

お迎えがさらに遅い場合、環優舎では勉強やお風呂や読書など全部終わらせて20:30消灯です。眠い(睡眠)
残業の翌朝でも子どもはスッキリ晴れ起きられるようにしてあげたいですね。

忙しくて保育時間が長くなってしまった日こそ親子で楽しく過ごす。
親の残業で子どもの生活を振り回さない。

環優舎なら可能です。ひらめき
posted by 環優舎 at 13:08| Comment(0) | 概要/About Us
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。