2010年11月02日

没後120年 ゴッホ展 子供用ワークシート

私立小学校の試験休みになりました。

芸術の秋。

国立新美術館で開催中の「没後120年 ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった-」へ子供たちと行ってきました。ゴッホの初期から晩年までの作品が揃った展覧会を通じて私が子供たちへ伝えたと思ったのは「オリジナリティの確立」です。

日本の美術館は予算が少ないからなのか、子供向けのプログラムがほとんどありません。...というわけで環優舎では子供向けの美術鑑賞ワークシートを自作しています。

このワークシートの使い方は知識や正解を得るのが目的ではありません。美術館は退屈だと思っている子供たちに、絵の楽しみ方のきっかけになればと思って作成しています。丁寧に回答していくもよし、「こんな質問変だな。答えないよ。だって私はこう思うんだもん」と思うのもまたよしです。美術館で、日ごろ使わない感性が刺激されることを楽しんで欲しいです。

環優舎オリジナルの美術鑑賞ノートは下記からダウンロード可能です。
http://www.kanyusha.com/download/
posted by 環優舎 at 10:38| Comment(0) | イベント/Events
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。