2011年11月10日

うれしいお便り

環優舎をご利用いただいているお母様から、お手紙をいただきました。

お子様が生まれてから納得のいく保育施設を探して、いくつも保育施設を変わられたこと。保育施設を何度も代わるのはお子様に良い影響を与えないと考え、お子様が小学校にあがるときに真剣に保育施設選びをされて環優舎にめぐりあえたこと。

「子どもが成長するにつれて単に安全に預かっていただきたい気持ちから、いろいろ欲が出てまいります。環優舎には主宰する方の顔がはっきりと見え、その方のおっしゃることによい芯があり、安心してお任せできると思いました。...私は人のやることが気になると自分でやり直しをせずにはいられない性質なのですが、環優舎でやっていることだけはお任せできました。...子どもを親以上にきめ細かくみて頂き本当に感謝致しております。」

環優舎ではこれからもお一人、お一人に、丁寧な子育てを続けていきたいと思います。
posted by 環優舎 at 13:32| Comment(0) | きまぐれ日誌/Journal

2011年11月17日

放射能測定結果のお知らせ

環優舎では福島第一原発事故以来、子どもたちを四国へ避難させ、西日本の食材を厳選するなど、子どもたちを被曝させないよう細心の注意を払って保育をしてまいりました。

先日、理研分析センターにて環優舎を利用する児童の尿の放射能測定(検出限界0.12〜0.14Bq/Kg)を実施したところ、幸いなことに不検出との結果が出ましたのでお知らせいたします。 [測定結果:kanyusha_rikenreport.PDF]

人体の被曝はどこまでが安全でどこからが危険かもわからない、日々の生活の中でどれぐらい被曝しているのかもわからない、実際に食べている食材がどれほど汚染されているかもわからない中、子どもたちに何を食べさせたらよいのか、調理員とともに無我夢中で手探りでやってきました。調理員は、食材の変更や欠品にも柔軟に対応してくれています。

環優舎ではマヨネーズやパンも自家製にしました。市場に出ている食品は安全というキャンペーンがなされているのに、そこまでするのは異常かと思いましたが、子どもの体から放射性セシウムが検出されるほうがよほど異常です。原子力発電所由来の自然界に存在し得ない放射性物質はたとえ微量でも子どもから検出されてはいけない物質だと思います。

放射能測定は今後も定期的に実施していく予定でおります。今の数値結果は、今までの半年間の生活の結果です。測定結果を喜ぶとともに、それを維持するためには今後も食材については十分な配慮を続けていかねばならないと気を引き締めています。
posted by 環優舎 at 14:26| Comment(0) | ニュース/News

2011年11月29日

冬休み無料体験受付中!

環優舎では冬休み無料体験利用の予約を受付けています。
冬休み期間中は午前8時からご利用いただけます。


年内に入会いただくと、4月の学校・幼稚園から環優舎までの
送迎を無料
で承ります。
(交通費別途)

予約はウェブまたはinfo@kanyusha.co
お問い合わせください。



【期間】 2010年12月19日(月)〜2011年1月6日(金)の平日 
      年末年始-2010年12月29日(木)〜2011年1月3日(火)-を除く
【時間】 午前8:00〜午後8:00 朝食・昼食・おやつ・夕食付き
【定員】 先着順各日一名

施設の見学は週末・祝日も可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。
posted by 環優舎 at 11:47| Comment(0) | ニュース/News